[Linux]「tail -f」での監視はもう古い!?超絶便利なlessコマンド

lessコマンドはファイルの中身を閲覧するためのコマンドです。

less <ファイル名>
  • q:less終了(quit)
  • f:次のページを見る(forward)
  • b:前のページを見る(backward)
  • j:1行下へ
  • k:1行上へ
  • g:ファイルの先頭へ移動
  • G:ファイルの末尾へ移動
  • /キーワード:前方検索。nで次の検索一致へ移動。Nで前の検索一致へ移動。
  • ?キーワード:後方検索。nで次の検索一致へ移動。Nで前の検索一致へ移動。
  • F:監視状態。tail -fと同じ機能。Ctrl + cでless状態に戻る。

Fで監視状態になり、止めたい時はCtrl + cで止めて/キーワードで検索するのとかすごく便利です。
tail -fと異なり、「監視」と「検索」が一気通貫でできるので、個人的にはtail -fよりも断然オススメです。
/検索の後のnNも便利なので多用します。
grepかけながら監視したい場合はtail -fを使います)

※ おまけ:ログを見る時、おすすめのコマンド

  • less <ファイル名> + F + 検索
  • cat <ファイル名> | grep Exception
  • tail -f <ファイル名> | grep Exception

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする