Ghost脆弱性対策

簡単な説明

  • 最新のglibcを搭載したLinuxの新しいOSは、この脆弱性の影響を受けない
  • glibc 2.2 から 2.17 までのバージョン:要対策
  • Amazon Linux (glibc-static-2.17-55.87.amzn1)は未対策
  • Amazon Linux (glibc-static-2.17-55.93.amzn1)は対策済み

▼参考記事
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/10818
http://blog.serverworks.co.jp/tech/2015/01/28/glibc_ghost/

対策の流れ

1. glibcバージョン確認

$ yum list installed | grep glibc

glibc.x86_64                         2.17-55.87.amzn1             @amzn-main
glibc-common.x86_64                  2.17-55.87.amzn1             @amzn-main
glibc-devel.x86_64                   2.17-55.87.amzn1             @amzn-main
glibc-headers.x86_64                 2.17-55.87.amzn1             @amzn-main

バージョン2.17-55.87は要対策。
なお、updateによりタイムゾーンが書き換わる恐れがあるため、事前に「タイムゾーンの確認」をしておくと安全。

$ cat /etc/localtime
TZif2UTCTZif2UTC
UTC0

$ cat /etc/sysconfig/clock
ZONE="UTC"
UTC=true

2. glibcアップデート

$ yum clean all
$ sudo yum -y update glibc
  • yum clean allにより事前にキャッシュ削除する
  • update後は、「glibcバージョン確認」&「タイムゾーン確認」
$ yum list installed | grep glibc

glibc.x86_64                         2.17-55.93.amzn1             @amzn-updates
glibc-common.x86_64                  2.17-55.93.amzn1             @amzn-updates
glibc-devel.x86_64                   2.17-55.93.amzn1             @amzn-updates
glibc-headers.x86_64                 2.17-55.93.amzn1             @amzn-updates

$ cat /etc/localtime
TZif2UTCTZif2UTC
UTC0

$ cat /etc/sysconfig/clock
ZONE="UTC"
UTC=true
  • バージョンは上がっている。タイムゾーンは変化なし。

3. 脆弱性チェック

  • 3-1. 脆弱性チェックプログラム作成
    • ファイル名:GHOST.c
  • 3-2. コンパイル
  • 3-3. 実行

3-1. 脆弱性チェックプログラム作成

cat > GHOST.c << EOF
#include <netdb.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <errno.h>

#define CANARY "in_the_coal_mine"

struct {
  char buffer[1024];
  char canary[sizeof(CANARY)];
} temp = { "buffer", CANARY };

int main(void) {
  struct hostent resbuf;
  struct hostent *result;
  int herrno;
  int retval;

  /*** strlen (name) = size_needed - sizeof (*host_addr) - sizeof (*h_addr_ptrs) - 1; ***/
  size_t len = sizeof(temp.buffer) - 16*sizeof(unsigned char) - 2*sizeof(char *) - 1;
  char name[sizeof(temp.buffer)];
  memset(name, '0', len);
  name[len] = '';

  retval = gethostbyname_r(name, &resbuf, temp.buffer, sizeof(temp.buffer), &result, &herrno);

  if (strcmp(temp.canary, CANARY) != 0) {
    puts("vulnerable");
    exit(EXIT_SUCCESS);
  }
  if (retval == ERANGE) {
    puts("not vulnerable");
    exit(EXIT_SUCCESS);
  }
  puts("should not happen");
  exit(EXIT_FAILURE);
}
EOF

3-2. コンパイル

gcc GHOST.c -o GHOST

3-3. 実行

./GHOST
  • 実行結果がnot vulnerable → 脆弱性対策済
  • 実行結果がvulnerable → 要対策

※「glibcアップデート後、インスタンスの再起動を必ずすること」と色々なサイトに載っているが、上記プログラムの実行結果を見ると、再起動しなくても脆弱性対策がなされることが確認できた。

※OSの再起動をする際は、他に影響がないか事前に調べて行いましょう。
(例えばwebサーバであれば最低限ロードバランサから切り離した方がいい、など)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする