gitでpushするまでの流れ

gitでpushするまでの流れは以下のとおり。

git add ファイル名

addした後、

  • git status
  • git diff –staged

で変更を確認すると良い。

git commit

  • (デフォルトだと)vimが立ち上がるので、vimでコミットメッセージを書く
  • メッセージはコミット内容を簡潔にわかりやすく書く

「index.htmlを更新しました」のように見てわかることを書いても意味ない。コミットの意図してることや、コードの変更だけではわからないようなことを補足的に記述しておくと良い。

git push origin master

  • originはリモートリポジトリのURLのエイリアス
  • masterのところはブランチ名を書く
  • master:masterは単にmasterと省略可能

まとめ

gitは、

  • 素のファイル

↓add

  • stage

↓commit

  • git local repository

↓push

  • git remote repository

の順に操作してpushする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする