Macでローカルサーバを立ち上げる方法

0. 環境

私の開発環境は下記です。

  • Mac OS バージョン10.10.2
  • PHPが入っている
    • php -v → PHP 5.5.14 (cli) (built: Sep 9 2014 19:09:25)
  • Apacheが入っている
    • httpd -v → Server version: Apache/2.4.9 (Unix)

最近の新しいMacは最初からPHPやApacheが入っているので便利です。

1. Apacheの起動(httpdの起動)と確認

1-1. 起動、停止、再起動

Apacheを起動するには

sudo apachectl start

を叩けばよい。停止したければ、

sudo apachectl stop

再起動したければ、

sudo apachectl restart

を叩けばよい。

【参考サイト】
▼apacheを使ってローカルサーバーを構築する方法
http://motw.mods.jp/Mac/local_server.html

1-2. 確認

CLI上で確認する方法と、ブラウザで確認する方法があります。
CLI上でプロセスが立ち上がっていることを確認するには、

$ ps aux | grep httpd

を叩いてみて、

hoge          19457   0.0  0.0  2460420    712 s006  S+    6:53PM   0:00.00 grep httpd
_www            18765   0.0  0.0  2470452    852   ??  S     6:43PM   0:00.00 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
_www            18761   0.0  0.0  2478644   2740   ??  S     6:43PM   0:00.01 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND
root            18760   0.0  0.1  2470452  10100   ??  Ss    6:43PM   0:00.27 /usr/sbin/httpd -D FOREGROUND

のように、グレップコマンドそのもの(hoge 19457 0.0 0.0 2460420 712 s006 S+ 6:53PM 0:00.00 grep httpd)以外にプロセスが立ち上がっていればOK。

ブラウザで確認するには、http://localhostをWeb検索してみて、
web_server.png
のように表示されれば成功。

2. Apacheの設定ファイル修正

2-1. PHPを使う

WebサーバでPHPを使うためには、Apacheの設定ファイルを変えなくてはなりません。

設定ファイルの場所は、/etc/apache2/httpd.confなので、

vim /etc/apache2/httpd.conf

を叩き、ファイル中の

/etc/apache2/httpd.conf
#LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

の行頭の#(コメントアウト記号)を消して

/etc/apache2/httpd.conf
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so

とすればWebサーバ上でPHPが使えるようになる。

※設定ファイルの更新内容を反映させるためにはApacheの再起動が必要なので注意!

【参考サイト】
▼Mac OS X MavericksにApacheとPHPをインストールしてWebアプリの開発環境を作ってみる
http://blog.hyec.jp/2014/02/mac-os-x-mavericksapachephpweb.html

2-2. ユーザディレクトリの有効化

Webサーバでドキュメントルート直下とは別のディレクトリを閲覧したい場合、下記の修正が必要。

sudo vim /etc/apache2/httpd.conf

を叩き、ファイル中の

/etc/apache2/httpd.conf
LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so

/etc/apache2/httpd.conf
Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

を有効化(行頭の#を消し、コメントアウトを消す)すれば、ユーザーディレクトリにブラウザからアクセスできるようになる。

【参考サイト】
▼OS X 10.10 YosemiteでApache(ウェブ共有/サイト)を使う方法
http://nantekottai.com/2014/10/26/os-x-10-10-sites/

補足説明

http://localhostにてブラウザからアクセスした場合、画面に表示されているのは、

/Library/WebServer/Documents/index.html.en

の中身である。
ここで、ディレクトリ階層を1つもぐって、

/Library/WebServer/Documents/hoge/index.html

というファイルを作成した場合、http://localhost/hoge/にアクセスすると、

Forbidden

You don't have permission to access /hoge/ on this server.

と表示される。Forbiddenされないために、上述のようなApacheの設定ファイル修正が必要である。

3. その他メモ(自分用チートシート)

3-1. Apacheの起動・停止・再起動

▼Mac

sudo apachectl start
sudo apachectl stop
sudo apachectl restart

▼CentOS

sudo /etc/rc.d/init.d/httpd start
sudo /etc/rc.d/init.d/httpd stop
sudo /etc/rc.d/init.d/httpd restart

3-2. 設定ファイルのパス

▼Mac

/etc/apache2/httpd.conf

▼CentOS

/etc/httpd/conf/httpd.conf

3-3. ドキュメントルート

▼Mac

/Library/WebServer/Documents

▼CentOS

/var/www/html

3-4. httpd自動起動設定

▼Mac

sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

▼CentOS

chkconfig --list | grep httpd #設定の確認
sudo chkconfig httpd on #自動起動設定

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする