初心者のためのgitコマンド

git init

gitで管理させたいディレクトリ上で、

$ git init

をたたくと、そのディレクトリ内に.gitという隠しファイルが生成される。この.gitというファイルが含まれているフォルダとそれより下位にあるフォルダがgitで管理されることになる。

「gitで管理される」とは、後述するgit addなどのコマンドを用いることができるということである。
逆に、一般のディレクトリにはもともと.gitが含まれておらず、gitコマンドは使えない。

git add ファイル名

素のファイルをstage環境にあげたい場合、

$ git add 「ファイル名」

をたたくと、そのファイルをstage環境に上げることができる。
stage環境というのは、「gitのローカルリポジトリに上げる準備が整った環境」であり、stage環境にあるファイルをコミットすると、gitのローカルリポジトリにあげられる。

おさえておくべき知識①

gitは、

  • 素のファイル

  ↓add

  • stage環境(indexとも言われる)

  ↓commit

  • git local repository

  ↓push

  • git remote repository

の順に操作することでリモートリポジトリに上げることができる。

おさえておくべき知識②

こまめに確認する癖をつけると事故らなくて良い。
addしたら、

$ git status

$ git diff --staged

により変更を確認すると良い。それぞれ、

  • git status:現在の状態を表示

  • git diff –staged:stage環境にあげたファイルの変更箇所を表示

である。

git commit -m “メッセージ”

stage環境にあげたファイルたちをローカルリポジトリにあげたい(変更を反映させたい)場合、

$ git commit -m "メッセージ"

とすることであげられる。
-m "メッセージ"は省略可能だが、書いてしまったほうが分かりやすいし後々便利。

git push origin master

  • originはリモートリポジトリのURLのエイリアス

  • masterのところはブランチ名を書く

  • master:masterは単にmasterと省略可能

ローカルリポジトリからリモートリポジトリに変更を反映(プッシュ)させたい場合、

$ git push origin master

をたたけばOK!

プルリク

  • プルリクは pull request の略

  • pull は push の逆。変更を送るのが push で、変更を受け取るのが pull

  • つまり、プルリクとは「プルしてくださいと言うこと」である

実際の操作はWeb上のGitHubのページの右サイドバーにある Pull Requests から可能。

ブランチ系のコマンド

git checkout -b ブランチ名

自分用のブランチを作って、そこに移動するには、

$ git checkout -b 「ブランチ名」

とすればOK!

  • 「-b」は「(ブランチを)作る」

  • 「-b」の b は「branch」の b

  • 「checkout」は「(ブランチを)移動する」

を意味する。

git checkout ブランチ名

ブランチの「移動」をしたいときはこれ。

git branch ブランチ名

これだとブランチを「作る」だけ。移動もしたかったらcheckoutが必要。

git branch -a

作られたブランチを全て見る。-aがなければローカルのみ、-aをつけるとローカルとリモート両方、作られたブランチを見ることができる。

最後におまけ(操作性up↑↑)

~/.gitconfig~/.bashrcに変更を加える(or新規作成する)ことで、gitを使いやすくすることができる。

例えば、~/.gitconfigを変更させる場合、

$ vim ~/.gitconfig

をたたけば良い。これにより~/.gitconfigに書き込むことができ、

~/.gitconfig
[alias]
    st = status
    ch = checkout
    br = branch
    co = commit

などとすることで、gitコマンドのショートカットが可能となる。
同様にして、~/.bashrc

~/.bashrc
alias g = 'git'

と記述することで、エイリアスの設定が可能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする