MacでJavaの環境構築をする方法

Macには最初からJava(Apple)が入っている。
この記事では、標準で入ってるJava(Apple)とは別に新しいバージョンのJava(Oracle)を入れることを想定している。

まず、最初から入ってるJavaのバージョンとパスを確認

ターミナル上で、

$ java -version

(「$」はターミナル上でのコマンドを表しており、実際に入力するのは「java -version」)

によりバージョンを確認できる。標準ではバージョン1.6.0が入っていた。2014年4月14日現在、バージョン1.6.0は古い。

同様にしてパスを確認すると、

$ which java

によりパスを確認できる。パスは、

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines

だった。

JDKのインストール

そもそも、Javaをインストールするためには

  • JDK
  • JRE

のいずれかをインストールすることになる。
簡単にこの2つの説明をすると、JDKはJavaで開発するツールキット(開発者用)で、JREはJavaを実行する環境(実行者用)である。

エンジニアがJavaを開発用に使うならJDKを落とせば良い。
JDKはJREを内包してるので、JDKの方が広い用途で使える。

パスの設定

Windowsだと手動でパスの設定をしなくてはいけなかったが、Macでは自動でパス設定される。

パッケージインストールする時に自動でやってくれるらしい。
パス自体は、~/.bash_profileに記述すればよいが、パスをたどるとシンボリックリンクとやらでJavaのありかをみてくれているみたい。

新しく入れたJava(Oracle)のありかは、

/Library/Java/JavaVirtualMachines

だった。

まとめ

MacでJava開発環境を作るには、JDKを落とせばOK!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする