Ruby・Nodeを使うなら、rbenv・ndenvが便利

Ruby(Node)を使うなら、バージョン管理しやすいようrbenv(ndenv)を使うのが便利。
(rbenvもndenvも使い方はほぼ一緒)

Nodeバージョン管理(ndenv + node-build)

1. ndenvインストール

git clone https://github.com/riywo/ndenv ~/.ndenv
echo 'export PATH="$HOME/.ndenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(ndenv init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
ndenv -v

最後のコマンドでバージョン出れば、ndenvインストール成功!

2. node-buildインストール

git clone https://github.com/riywo/node-build.git ~/.ndenv/plugins/node-build

3. インストールできるバージョン一覧

ndenv install -l

4. Nodeインストール

ndenv install v0.11.13 ←バージョンは適宜好きなものを!
ndenv rehash        ←再構築(インストール後のおまじない)
ndenv global v0.11.13  ←デフォルトのバージョンに設定
node -v

最後のコマンドでバージョン出れば、Nodeインストール成功!

5. インストール済みのバージョン一覧

ndenv versions

※参考url
http://blog.tavi-travelog.net/2013/06/29/node-install-macports-to-ndenv/

Rubyバージョン管理(rbenv + ruby-build)

1,2. rbenv、ruby-buildインストール

git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

source ~/.bash_profile
rbenv -v

3. インストールできるバージョン一覧

rbenv install --list

4. Rubyインストール

rbenv install 2.0.0-p481
rbenv rehash
rbenv global 2.0.0-p481
ruby -v

5. インストール済みのバージョン一覧

rbenv versions

※参考url
http://dev.classmethod.jp/server-side/language/build-ruby-environment-by-rbenv/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする